Now Loading...

1-1 活動の目的

 弊社の知的財産権を侵害した模倣品対策を行うことは、弊社製品を購入するお客様、弊社の取引先の正当な利益を守るためであり、多角的な取組みを行っています。

1-2 経営者メッセージ

 近年、中国をはじめとするアジア諸国において、想像を超えるレベルで、多くの模倣品が流通しており、弊社の重要な技術である知的財産権の侵害問題が多発しています。

 弊社は模倣品対策により、自社の知的財産を違法な侵害から守ることで、お客様の満足・利益を守り、安心して商品をご使用して頂けるよう、「模倣品は絶対に許さない」という強い姿勢で、模倣品の撲滅に向けて積極的に活動をしていきます。

代表取締役 土橋秀位

1-3 担当部署メッセージ

 模倣品の主要な製造地である中国等における模倣品対策を強化するため、2017年4月、知的財産対策室(現在の法務・知財課)が設置され、模倣品の実態調査、警告、法執行等の具体的な対策を次々に実施してきました。その成果の一例について、このほどホームページにて掲載をすることで、お客様や取引先の皆様に弊社の模倣品対策の取組み状況について御理解を頂けましたら幸いです。

 弊社製品の認知度が高まるにつれ、模倣品業者の数、模倣品の流通量はなお増加しており、これらの対策を着実に実施していくことで、お客様が誤って模倣品の被害に遭わないように引き続き尽力をして参ります。

法務・知財課長

1-4 活動内容(施策全体の概念図)

模倣対策に関する体制イメージ図

模倣対策に関する体制イメージ図

模倣対策に関する業務フロー

模倣対策に関する業務フロー
page top