Now Loading...

5-1行政法執行の概要説明

中国においては、民事訴訟とは別に、特許権をはじめとする専利権(知的財産権)侵害行為を取り締まる独自の行政手続き(行政法執行)があります。実施機関は中国各地の地方知識産権局になります。同局に対して申立て手続きを行い、当事者双方の主張を審理した上で、審決として侵害停止命令等が出されます。

行政法執行の一般的な流れ

行政法執行の一般的な流れ

5-2事例①審決書

業者名称:広州市某ジュエリー会社
業者形態:製造・販売
審理機関:広州市知識産権局
審理結果:侵害行為に関する差止命令
審理概要:弊社の申立書の主張内容がほぼ認められ侵害認定。相手方は先使用等のあらゆる抗弁を主張していたが、相手方の反論はすべて排斥された。

審決書

5-3事例②審決書

業者名称:広州市某ジュエリー工場
業者形態:製造
審理機関:広州市知識産権局
結果:侵害行為に関する差止命令
審理概要:工場に対する現場調査が実施され、模倣品の在庫を確認。相手方は製造行為を自認せざるを得ない状況に追い込まれ、侵害認定。

審決書
page top