Now Loading...

6-1中国税関差止めの概要説明

 中国税関での模倣品差止め活動は、権利者の申請を契機とする差止めと、税関の職権による通関中止措置を契機とする差止めの2種類が存在します。

 前者については、弊社が中国国内で模倣対策を実施していた際に、個別に模倣品が輸出される事実を把握した場合、ピンポイントでこれを差し止めるべく、税関に対して差止め申請をします。

 後者については、税関職権による通関中止措置がなされるために、弊社の有する知的財産権を税関に登録しています。税関にて被疑品の輸出が確認された場合には、中国税関代理人を通じて、弊社に連絡がきて、真贋鑑定や差止手続きを行って行きます。 

6-2中国税関差止めの業務フロー

中国税関差止めの業務フロー

差止申請:鑑定の結果、模倣品である場合、税関に対し差し止めるよう申請
リリース申請:鑑定の結果、真正品である場合、税関に対し通関させるよう申請

6-3中国税関における登録済権利の状況

中国税関における登録済権利の状況

6-4日本税関における登録済権利の状況

日本税関における登録済権利の状況
page top